東大和助産院ブログ

「命の授業」小学生の成長のすごさを体験できます

小学生1年生から6年生まで6学年の児童にかかわっていくと、年齢による成長の特徴があって、
小学校の先生方はそれに付き合っている、というより、子供たちの成長に合わせて教育的にかかわっている。 なんてすごい事なんだ!
いろんな子がいます。はたから見ている私はみんな可愛いのですが、相手に合わせて教育的にかかわる、今まで出会った先生方のようになれれば、大人の女性を相手のはずの私の悩みが減って、助産師としての成熟度が増すはず。
身体は大人ですが、心は小学生?中学生?みたいな大人が多くなっているような??
「命の授業」来年で3年目、方向性が見えてきています。来年のテーマは先生方ウオッチです。
もっともっとわかりやすく、インパクトのある授業展開と先生方ウオッチ 来年度の目標が決まりました。

毎年お声がけいただいている小学校の校長先生(去年より丸くなった感じ)副校長先生(相変わらずみんなのために心使いをして、倒れないかなぁ~)養護の先生と子供たちのやり取りを聞いて(1入りじゃ無理でしょ、小規模校でも最低2人にしてあげたい)なんて、お呼ばれした小学校に愛情をわいてきている2年目です。
また来年も校長先生、副校長先生、養護ぼ先生&新しい子供達に会いたいなぁ~
校長先生・副校長先生で学校が決まります。 これ実感!!

コメントを残す

※のついた項目は必須項目です。(メールアドレスが公開されることはありません)