東大和助産院ブログ

祝CLoCMiPレベルⅢ認証していただきました(^_^)

今日は、春めいたあたたかい風を感じますネ~ 玄関のドアを開けた時、あたたかい風を感じて、ケアを受けてお帰りになるママさんと赤ちゃんを送り出せるとホッとします。冬の冷たい風だと「早く車に乗せて、冷たい風をよけてもらいたくて」落ち着きなくチャカチャカしてしまいがちです。今日、明日は気温が高めでゆったりと過ごせるのですね

CLoCMiP レベルⅢ…財団法人 日本助産評価機構の発行する証書です
独立してお産の介助ができる。ママと赤ちゃんのケアを提供できる助産師の証明をいただいたのですが、私は助産院を開業して、実際にお産をとっています。ので今更の証書なのですが、病院勤務の助産師さんに良く小馬鹿にされる事があり、「いやいやあなた方、自立してお産の介助をしてみて下さいよ。やっていますか?」と思うことが多々ありました。なので今回の証書は実際に自立して助産師していますが、自立して助産師をしている事を偉い助産師さん方から認めていただいたのです。
今後さらに高みを目指して、助産師の青柳さんだから出来ることを増やしていきたいと思っています。
そして、この技術を若い助産師に伝えていきたいと思います。

今後、当助産院の助産師採用基準は「CLoCMipレベルⅢ証書をお持ちの助産師さん」ということになります。
みんなぁ~頑張りましょう(^v^)

嘱託医が変わりまして、そこの嘱託医・医院ではこの証明をいただくために必要な講習を定期的に開催しています。
病医院の施設であろうが、開業という地域であろうが、助産師を名乗ってケアを提供するには常にお勉強して新しい知識を得ていかないといけないということです。その助産師のレベルアップに協力していただける医師をはじめとする教育者・地域の皆さまに感謝しながら人間性も助産師的にも成熟・熟成をめざしま~す。

証書は、当助産院分娩室に、バッジはエプロンの胸元に、カードはお財布に保管します。

開業助産師はレベルⅣの試験があるそうです。さぁ次に向けて日々努力です。

明日はバレンタインデー、ご主人が職場の女性達からチョコをいただいて来るでしょうが、授乳中のママさん方
チョコレートは少しづつ、おっぱいと相談しながら召し上がれ!
一気に食べるとおっぱいの調子が悪くなる方もいますので注意です。

「おっぱいと食事は関係ないです」の流派のお勉強をしている助産師さんがたは「だいじょうぶ!」と言うでしょうが
何万人分の授乳期のおっぱいを診てきて、トラブルを起こしやすい方は食事の影響を受けますのでご注意を

助産師   青柳 三代子

コメントを残す

※のついた項目は必須項目です。(メールアドレスが公開されることはありません)