東大和助産院ブログ

福島といえば…②

28日に急逝したお医者さんのお通夜に出席してきました。そのお医者さんが福島の出身だったような…

決して目立つ医師ではないのですが、産婦人科医として必要なことは一通りできる先生でした。

今や「ガイドラインでは…エビデンスによると…」なんて話しか出来なくなっている医師がごまんといる中(でもこんなお医者さんが有名で、一流といわれているお医者さんなんです)、逆子のお産も難なくこなし、難しい症例もちょこちょこっとやっちゃう先生だったなぁ~と思うと「いい人は早く亡くなるよねぇ~」のつぶやきがしみじみとしみてきます。

口先だけでなく、医師としての必要な技術を持ち、医師としての行動のとれる人ってなかなか出会わないものです。

新人助産師だったころ、いろいろやらかしお世話になりました。そんな私は、助産院を開業して自立し、お産を取り、ママさんのケアをしています。助産師としての成長をどこかで小耳にはさんでくださっていましたでしょうか? 遺影は髪の色が白くなっていたけれど、顔の表情は33年前とあまり変わっていなかったような気がします。ご冥福をお祈りします。

 

コメントを残す

※のついた項目は必須項目です。(メールアドレスが公開されることはありません)