東大和助産院ブログ

7月インドネシアの看護学生が助産院見学に見えます(^_^)v

台風が過ぎ去り暑い1日でした。
インドネシアの看護学生の見学に引率をされる先生とお会いしました。
海外での看護師としての経験が豊富で、興味深かったのがインド・ネパール・ミャンマー・アフリカ・等のお産事情!
日本の江戸時代の医療レベル?助産師の意識レベル?(+_+)
真剣にかつ誠実に活動している開業助産師すらも、とにかく開業助産師がすべて否定されているこの日本の現状でも、日本で助産師の教育を受けて、活動ができて良かったぁ~と思える内容でした。

各国に存在する、古典的・伝統的助産師の活動に第2次世界大戦敗戦後、日本に教育的指導者として降り立ったアメリカのオルト大佐ががご覧になったら、何と言ったのでしょう。あの時の日本のお産婆さんに向けていった事と同じことを言って、今の日本と同じような医療改革を目指すのでしょうか?

開業して「助産師のあるべき姿」色々な意見がありますが、歴史を紡いで下さってきた先輩方に恥じない助産師活動をしていきたい!そして後輩達につなげる事ができると良いのですが…  私なりに頑張ります。

助産師  青柳 三代子

コメントを残す

※のついた項目は必須項目です。(メールアドレスが公開されることはありません)