助産師紹介

院長ご挨拶

 開院から10年・助産師として35年を迎え、今まで出産やおっぱいのケアをさせていただいた、ママや赤ちゃんとその家族を通じて、施設勤務では感じ得なかった事・見落としていた事・助産師としての活動・ケアの原点を学ばさせていただきました。
 施設勤務での出産立ち会い件数約3000件と助産院での出産110件と経験もさらに積み上げて もっともっと、自然分娩の良さ、女性の身体の変化のすごさ、自然に生れてくる赤ちゃんの神々しさを伝え、元気な赤ちゃんを産んで頂ける場所にしたいと思っています。
 勿論、他院出産のママさんや赤ちゃんのおっぱいケアにも力を入れて、その人らしい育児のお手伝いをさせていただきます。
 女性の健康・赤ちゃんの健康・その子なりの成長を見守りながら、ケアの充実・技術の向上のためにさらに邁進していきます。
 そこそこ経験を積んだ助産師のケアを是非受けてみてください。

東大和助産院 院長 青柳三代子

院長経歴

東大和助産院 院長 青柳 三代子

福島県郡山市出身
専門教育を受けた後、
杏林大学付属総合病院 産婦人科 8年間勤務
ファウンズ産婦人科病院 師長 13年勤務
武蔵野赤十字病院 産婦人科 3年勤務
2009年12月6日 東大和助産院 開業

自然分娩・妊婦健診・おっぱいケア(母乳外来)・育児相談・東村山市での赤ちゃん訪問(以前は東大和市、西東京市でも活動)、小・中・高校生を対象とした「命の授業」の講師など、助産師として活躍しています。

助産師

助産師 坂本 昭子
出身:群馬県前橋市
経歴:H11,助産師資格取得
  武蔵野日赤病院3年
  公立昭和病院2年半
  緑風荘病院3年
  矢島助産院5年
  小平市新生児訪問 7年
  H22より東大和助産院でお産のお手伝いをしています。
妊婦さんへ一言:
 ママの産む力、赤ちゃんの生れようとする力。
 家族の応援する力、全部が合わさって安心して安全にご出産できるようにサポートします。